北佐久郡御代田町 【板金塗装13】トヨタ プリウスアルファ(御代田町) BANANAオート

画像

板金塗装の事例⑬
トヨタ プリウスアルファ(御代田)

バナナオートでの車の板金塗装の事例をご紹介するページ、今回は【トヨタ プリウスα】です。

バック時、後ろに生えていた木にぶつかってしまったとのことで、修理のご依頼です。

バックドアは角が折れて塗装もはげてしまっており、バンパーも圧迫された時に出来たスジのような折れ跡があります。リヤガーニッシュもキズがついてしまっていました。
修理方法ですが、バンパーとガーニッシュは板金、バックドアは板金不可能(というか、お車の状態を拝見しお見積りしたところ、新品交換が総合的に見て最もお得であったため)新品交換となります。

バナナオートでは新品パーツだけでなく、リサイクルパーツでの修理もご提案させて頂いておりますが、今回のように新品パーツを使用した方が予算が抑えられる場合もあります。作業を始める前に、お客様に方針をご提案・ご相談し、重視するものに合わせて修理方法を決めさせて頂きますので、ご安心して当店におまかせください!

まずはバックドアを車体から外しますが、リアガラスを付けたままでは作業出来ない為、最初に取り外します。

今回は新品パーツとの交換です。
写真は交換用の新品のバックドアに塗装を行ったところです。裏側を塗って、乾いたら表側を塗っていきます。
新品なのに塗装するのー??と思われた方もいるのではないでしょうか。

実は新品パーツは、メーカーから送られてくる時点ではまだ塗装はされていないのです。もう少し正確には、「錆止めの下地塗装までされた状態」で送られてきます。この届いた時にはどのパーツもマットな黒い色をしています。
錆止めの塗装の上から、お客様の愛車のカラーに合わせて当店で調色し、トップコート塗装(見慣れた車の外装の塗装)を行うのです。
ただし、単純にピカピカツヤツヤのきれいな状態にだけすればいい訳ではありません。その交換部分だけ質感が新しく、他の部分の中で悪目立ちしてしまっては台無しですから、そうならないように計算して塗装するのがバナナオートのこだわりの技術です。

ガーニッシュとバンパーは板金塗装での修理です。
バンパーは折れた部分が微妙に変形しているので、高温で熱して力を加えて徐々に正しい形に近づけていきます。温度が高すぎるとバンパーが溶けてしまい、低すぎても素材の柔軟性が伴わず加工出来ない、絶妙な加減が必要な作業です。

写真はその工程の後、さらにパテを盛って削り、なめらかに成型した上からサフェーサーを吹いて塗装の下地が出来上がったところです。

塗装し終わり、乾燥させたら強い塗膜の完成です。塗装中および塗装直後~20分くらいまではホコリやチリは厳禁です。塗装ブースは空気の流れを利用して常に無塵状態に保ち、細心の注意をはらって作業を行いますよ。
更に、静電気除去装置でホコリの付着を防ぎます。

修理開始直後、バックドアを取り外した際に分解した内部の部品を元通りに取付けたら、新しいバックドアと板金塗装を行ったバンパー・ガーニッシュを設置します。

最後にガラスをはめたら、板金修理の工程は終了です。
今回は新品パーツを使用しての修理でした。
記事中に出てきたリサイクルパーツについては、以下の記事からお読みいただけます。


【板金塗装】スズキ アルト(佐久市)
【板金塗装】日産 マーチ(軽井沢町)
【板金塗装】スズキ キャリィ(小諸市)
【板金塗装】スズキ アルト(東御市)
【板金塗装】ダイハツ ムーヴカスタム(佐久市)

お問合せはこちらから!

 
お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お急ぎのお客さまは、お手数ですがお電話にてお願い申し上げます。フォームからのお問い合わせは、お返事に時間を頂く場合がございます。LINEでもお問い合わせ・お見積りを受け付けております。上記バナーより友だち追加を行っていただき、ご利用ください。


お電話でのお問合せは
0267-32-8891


お問合せフォームは24時間受付をしております。

お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!