北佐久郡御代田町 ★木で実演‼板金塗装とは?ビフォーアフター【第1回】 BANANAオート

画像

木で実演‼板金とは?
ビフォーアフター【第1回】

 板金と鈑金。どんなことをするの?

板金塗装...へこみや割れなど車体の傷ついた部分を現物修理する技術です。板金塗装することで、部品を丸ごと交換しなくて済むので修理代の節約になるのが大きなメリットです。あまりに損傷がひどく交換してしまった方が安価に済む場合ももちろんありますが、おおよその場合でキズやへこみの状態や、お客様の重視されるものに合わせた柔軟で細やかな対応が可能となります。

ところで、板金は鈑金とも書きます。鈑金は「いたがね」とも読まれるように、板状の金属のことです。板は本来薄い木のことを指すので、当店で行う作業は、鈑金と書くのがより適切です。
...が、板金の方がよりポピュラーだし、当店の記事では鉄板のへこみ修理も樹脂のバンパーも修理もざっくりと板金塗装と呼んでいます。分かりやすいので...!!

ということも踏まえた上で、今回は板金塗装の実演を行ってみることにしました。お預け頂いた車がどんな作業を施されてピカピカになるのか、なんとなくイメージ出来ると思います。

板金修理には鉄板を叩いたり熱して伸ばしたり、細かな工程が色々とあるのですが、これからご紹介するのは研磨→パテ→研磨...→塗装という代表的な工程のデモです。

それでは始めましょう~!

 今回使用する素材

使用するのは車ではなく、こちらの2枚の板(パレットの切れ端...)。ちょうど良い板があったので、...変化の具合が分かりやすいので、木の板を使用します。(実際の車体での板金修理は他の記事で扱っていますので、読んでみてください...今回は変わり種です)
正確には板「金」塗装ではありませんが、こんなことにも応用可能ということで...。
この板の状態をなんとなく覚えておいてくださいね。

拡大するとこんな感じでガサガサです。合わせ目も隙間や段差があります。大きい節のヒビも目立ちます。
これを凸凹のキズやヘコミ、バンパーなどの割れだと想定して作業していきます。

ちなみに裏側はもう一枚別の板をあてがって固定しています。バンパーの割れなどには補修剤などで固定・補強しますが、今回は裏側は省略します。

 工程①ざっくりと研磨

まずはいきなりパテを塗らず、表面を荒い目のやすりで研磨して、大きなガサガサを平らにならしていきます。パテが均一に食いつきやすいように下地を整える作業です。特に木はトゲなどもあります。

おおよそ平らになったら、真ん中の継ぎ目に溝を掘っていきます。せっかく平らにしたのに何故!?とギョっとされるかも知れませんが...これはパテの入りを良くするために重要な工程なんです。
接合部分にわざと作ったV字のミゾ。これはパテの入り代です。ある程度触れる面積があった方が、パテが乾いたときに割れにくく、接合部も強く固定出来るのです。

 工程② カーボンファイバーパテ

ミゾ部分を中心に、凸凹を埋めるように最初のパテを盛ります。ここで使用するのはカーボンファイバーパテといい、文字通りカーボンの繊維が混ぜ込んであります。一言で表現すると、つよいパテ...!!
熱収縮しにくく、乾いた後は曲げにも強くなります。ひび割れなども発生しにくく、一番最初の大事なところではほぼ必ずこちらを使います。
硬めのパテなので、大胆にどんどん盛っていきます。そしてミゾやヒビの奥深くまで密着してもらう為、しっかり塗り込みます。

カーボンファイバーパテを塗り終わったら、熱であぶって乾燥させます。写真に写っているのは赤外線(短波式)の乾燥機です。短波式なので、すぐ高温になりますが、急激に乾燥しすぎることに注意が必要です...。
やってはいけませんが、この熱源近くに紙などの燃えるものを近づけると燃えます。家庭用の赤外線ヒーターを、更に強力にしたものですね。適度に離して乾燥させます。放置しておいてもパテは固まるのですが(自然乾燥)、熱であぶるとものすごく時短になるんですね(強制乾燥)。
この時は大体5分程度で乾いてしまいました。周囲の温度の影響も大きいので、季節によっては倍以上の時間がかかることもあります。

ある程度固まってくると、爪でひっかいたときに白く筋が出来ます。まだ半生状態だと白くはなりません。
ちょうど良い硬さになったら、乾燥機から離し再び研磨していきます。

 工程③ カーボンファイバーパテの研磨

ひたすら研磨...。カーボンファイバーパテはテクスチャーも固めですが、硬化後もかなり硬いので、削るのも大変です。
研磨し終わった状態が右の写真ですが、なんとなく凸凹が埋まって平らになった雰囲気ですね。
しかし、まだ第一パテの段階ですので、ここで終わりではありません...。長くなってしまうので、次回に続きます。
完成品がどんなものになるか、お楽しみに!

第2回はこちら
木で実演‼
板金ビフォーアフター【第2回】

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!