北佐久郡御代田町 【旧車レストア1-1】マツダ キャロル360(KPDA) Part1 BANANAオート

画像

旧車レストアの事例①
マツダ キャロル360(KPDA) part1

バナナオートでの旧車のレストアの事例をご紹介するページ、今回は【マツダ キャロル360】です。

 入手困難部品が必要な旧車修理も、諦めないでください

マツダの初代KPDA型キャロルは1962年(昭和37年)製造開始の小型乗用車です。リアウインドウ部分を逆スラントに立てたクリフカット」が特徴的で、当時は日本離れした斬新なデザインだと話題でした。

さて、今回積載車でお持ち込み頂いた車両ですが、当店へは車検のご依頼でした。隣県とはいえ、縦に長く山とトンネルだらけの長野県内を縦断しなければならないので、静岡からお持ちいただくのは大変なことと思います。ありがとうございます。
はるばる車検の為に長野県まで来られることにされたのには事情があるそうです。

当初はディーラーさんへ車検を依頼され車両を預けたものの、いつまでたっても車検通りましたと連絡が来ず...様子を見に行ってみたら敷地の端の方に置いたままにされていた...約2年。ディーラーでの車検といえど、修理に使う交換部品が製造停止されていると入手が難しく、こういったことが起こってしまうようですね。
このままではどうにもならない...と、お手元に車両を回収し、ネットで見つけたバナナオートの旧車部品サイト(当時のページ)をご覧になり依頼することに決めたそうです。

電話口でもおそらく大丈夫でしょうとお伝えしましたが、当店入庫後改めて現物の車両の状態を拝見させて頂きました。やはり入手不可の部品がダメになっていたり、電気系統に改修が必要だったりと、通常の修理工場では対応が難しいと断られてしまう理由となる修理箇所がいくつも見られました。しかし、そこがバナナオートのお役に立てる場です。お客様にお見積りなどご相談の上、車検を通すにあたって必要な修理を行う運びとなりました。

 ウォーターポンプの水漏れ・破損

まずはウォーターポンプです。経年のサビや腐食で水漏れしていました。水漏れがある状態だとエンジンに冷却水を循環させることが出来ず、オーバーヒートを起こしてしまいます。そのままエンジンをかけては危険です。しかし、それだけの問題ではありません。
写真は車体から取り外したばかりの状態ですが、灰色の輪っかになっている部分がありますね。これは本来は輪っかではなく、シャフトを通す用のパイプです。腐食による劣化で、取り外しただけで折れてしまったのでした。悲しいことに、これはもう...どうにもなりません...。
交換しかないのですが、ここで早速交換部品が手に入らない難問が発生します。おそらくこの段階で、修理をお断りされてしまうパターンが多い印象です(これはキャロルなど旧車に限ってことではなく、例えばこちらのヤンマーのトラクターの記事でも同様の事態が起こっています)。

こうした部品が入手不可の場合、バナナオートは修理を諦めるのではなく加工代用品を製作します。つまり、作ってしまいます。ウォーターポンプもアルミの塊を削り出し、純正と同様の働きを持つ代用部品を作ります。

写真一枚目は純正ウォーターポンプと加工代用品のツーショットです。見た目は全然似ていない...どころか同じ部品に見えませんね...。でもご安心ください。大事なのはネジ穴や、凸凹など取付部分の形状です。写真二枚目のように、無事に取付可能です。

※こちらのウォーターポンプをはじめ、使用した交換部品(製作加工代用品含)をBodyShop-OGIにて販売中ですのでご紹介します。

【KPDA型キャロル】ウォーターポンプ 交換ユニット|BodyShop-OGI
【KPDA型キャロル】ウォーターポンプ用ベアリング 2個組|BodyShop-OGI
【KPDA型キャロル】ウォーターポンプシール|BodyShop-OGI

 腐食したブレーキ・足回りのオーバーホール

続いてオイル漏れを起こしていたブレーキマスターシリンダー(左)とホイルシリンダー(右)をオーバーホールします。
古いホイルシリンダーは腐食が進行しており、一つの塊と化してしまっていました。右の写真の手前に写っているタンク状のものが、製作代用品の交換用ホイルシリンダーです。


›【KPDA型キャロル】ブレーキマスターシリンダー用O/Hキット|BodyShop-OGI
›【KPDA型キャロル】リヤブレーキホイルシリンダー|BodyShop-OGI

ブレーキはライニングが腐食していたので、代用品に交換します。

›【KPDA型キャロル】フロントブレーキライニング片輪2枚セット|BodyShop-OGI

クラッチです。キャロルはブレーキオイルを利用している油圧式です。経年による腐食で固着してしまっていたので、クラッチのマスターシリンダーとレリーズシリンダーもオーバーホールです。
レリーズシリンダーは製作代用品使用です。

›【KPDA型キャロル】クラッチマスターシリンダー O/H用|BodyShop-OGI

›【KPDA型キャロル】リヤホイルシリンダーカップキット(交換用)|BodyShop-OGI


›【KPDA型キャロル】クラッチレリーズシリンダー|BodyShop-OGI

タイロットエンドです。ガタは出てはいませんでしたが、サビが酷くグリスもない状態でした。更にブーツも破けていたので、交換です。

›【KPDA型キャロル】ステアリングギヤボックスのタイロットエンド|BodyShop-OGI

 ポイント式点火のディストリビュータをセミトランジスタ化

大きく変更になったのがディストリビュータです。ガソリンエンジン車で重要な点火を制御するディストリビュータには、いくつか方式があります。
キャロル360の点火機構には、登場した当時主流だった「ポイント式」が採用されています。しかしポイント式は徐々に搭載する車が減り、代わりにフルトランジスタ式(フルトラ)やセミトランジスタ式(セミトラ)に移行していきました。

■ポイント式点火装置(機械制御式点火装置)
そもそもポイント式点火とは、ディストリビューター内周に配置された気筒数分(四気筒なら4つ)の電気接点(コンタクトポイント)と、カムシャフトと共に回転する側の電気接点(コンタクトポイント)が瞬間的・断続的に接することで、イグニッションコイルからの電流が各気筒に流れバチッと火花が飛び点火する方式です。
このバチッの瞬間接点に流れるのは高圧電流ですから、コンタクトポイントへの負担が増大し、熱や摩擦による早期の劣化や点火時期のズレ・電気的な効率の悪さなどが目立ち、だんだんと姿を消していきました。


■セミトランジスタ式

そしてポイント式点火の問題点を改良して主流となったのがセミトランジスタ式です。ポイント式ではどうしてもコンタクトポイントの摩耗や焼損は避けられず、頻回なメンテナンスを必要としました。セミトランジスタ方式ではポイントに微弱な電気を流すことで電圧を制御し、スイッチ化したのです。
ポイント式がレコードだとすれば、セミトラはカセットテープに似ています。毎回ポイントに大電流を流す必要がなくなり、従来の10分の1以下の低電力でスイッチ制御が可能になったことで、摩耗・焼損などのダメージが大幅に減少、メンテナンス回数も好きなくて済むより信頼性の高い機構とされました。


■フルトランジスタ式
そんなセミトラですが、焼損は抑えられても物理的な接触によりポイント面が摩耗する問題の完全な解決には至りませんでした。その為フルトラ式では、ポイント自体を用いずトランジスターなどで電圧を制御し点火させる機構に刷新し、ディストリビュータの点火方式としては最も信頼性の高いものとなりました。

ちなみに...ディストリビュータ自体は平成10年くらいから後は採用されなくなってきました。現行車はダイレクト・イグニッションと呼ばれる点火方式が一般的です。ディストリビュータより高価な点火機構となりますが、電力ロスの減少や電極の劣化などの問題から脱却した、より高効率で安心な機構です。


今回のキャロル360はポイント式から、セミトラ式へと変更しました。フルトラ式にすればいいじゃん!!と言わないでくださいね...。互換性といいますか、グレードアップ出来るパターンに決まりがあり、今回対応可能な中ではセミトラが最適であったということです。
ディストリビュータのセミトラ化などの点火系の調整、それからキャブレータの最適化を行い、電気系統をチューニングしていきました。この調整を行った日々は調整しては試し走行を繰り返す地道な作業が続きましたが、回を重ねるごとに数km/hずつ速度が伸び、当初30km/hほどしか出なかったのが約70km/hまで出せるようになりました。キャロル360が登場した当時は、今のように高速道路があちこちに張り巡らされてもおらず、加えて軽自動車なのでそんなに高速で走る馬力は必要なかったのですね。チューニングで、今まで眠っていた現役でも活躍出来る力を引き出しました。


›【KPDA型キャロル】ディストリビュータ ローター|BodyShop-OGI
›【KPDA型キャロル】ディストリビュータ キャップ|BodyShop-OGI

整備の途中ですが、今回の記事はここまでとさせて頂きます。
続いての整備や、外装・内装について、更に車検後に行ったヒーターの取付などの追加作業はこちらの記事でご紹介しております。
›続き【旧車レストア1-2】マツダ キャロル360(KPDA) part2




■今回の記事で登場した交換部品やオーバーホールキットの一覧です。具体的な料金などご確認頂けます。(バナナオートの旧車特設サイトBodyShop-OGIが開きます)


【ウオーターポンプ】
【KPDA型キャロル】ウォーターポンプ 交換ユニット
【KPDA型キャロル】ウォーターポンプ用ベアリング 2個組
【KPDA型キャロル】ウォーターポンプシール


【足回り】
›【KPDA型キャロル】ブレーキマスターシリンダー用O/Hキット
›【KPDA型キャロル】リヤブレーキホイルシリンダー
›【KPDA型キャロル】フロントブレーキライニング片輪2枚セット
›【KPDA型キャロル】クラッチマスターシリンダー O/H用
›【KPDA型キャロル】リヤホイルシリンダーカップキット(交換用)
›【KPDA型キャロル】クラッチレリーズシリンダー
›【KPDA型キャロル】ステアリングギヤボックスのタイロットエンド


【ディストリビュータ】
›【KPDA型キャロル】ディストリビュータ ローター
›【KPDA型キャロル】ディストリビュータ キャップ




無料のご相談はこちらから

 
お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お急ぎのお客さまは、お手数ですがお電話にてお願い申し上げます。フォームからのお問い合わせは、お返事に時間を頂く場合がございます。LINEでもお問い合わせ・お見積りを受け付けております。上記バナーより友だち追加を行っていただき、ご利用ください。


お電話でのお問合せは
0267-32-8891


お問合せフォームは24時間受付をしております。

お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!